新型コロナウイルスの感染拡大への緊急事態宣言を受けて

2020年4月16日

 

お客様各位

株式会社インフィニティ
代表取締役 齋藤 純

    

新型コロナウイルスの感染拡大への緊急事態宣言を受けて
(全都道府県を対象)

平素はインフィニティサーバー・サービスに格別のご愛顧を賜り誠に有り難うございます。

この度の、「新型コロナウイルス感染症」ですが、世界中に拡散して更に甚大な被害を与え続けており、全く衰えを見せない状況に悪化しております。

先日4月7日(火)に政府から発令されました、国内7都府県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県、そして弊社の地元福岡県)を対象にした「緊急事態宣言」でしたが、収まる気配が全く見えずに感染拡大への一途を辿っている事態に及んで、遂に政府は、4月16日(木)に「緊急事態宣言」を「全都道府県」を対象に拡大致しました。

この様な状況の中、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策」として有効な、「テレワークの導入による労働生産性の確保」への期待の声が多方面で上がっております。

弊社では創業当初(1990年)より「CAD事業」に於きましてはいち早く、各種の設計業界に向けた「遠隔地リモートメンテナンス業務」に対処しております。

また「情報通信事業」への新規参入時(2005年)に於きましてもいち早く、各種業界の弊社サービス利用者様に向けた「遠隔地リモートメンテナンス業務」の推進強化を図ると共に、小型高機能のWindows Mobileフォンの発表(2007年)と共に「スマホを使用したリモートワーク」にもいち早く取り組み、特に技術スタッフは「テレワーク」を日常的に利活用しております。

現在では、リモート・デスクトップ方式・仮想デスクトップ方式(VDI)・会社PCの持出使用方式(FAT/THIN)・個人PCの持込使用方式(BYOD)と、多種多様な「テレワーク方式」の中から、ご利用の環境に合わせた最適な方式が選べる時代に成ったことで、「働き方改革」に容易に取り組める時代と成っておりますので、もしも「労働生産性の大幅ダウンに伴う売上の激減」でお悩み・お困り事がございましたら、お気軽にご相談下さいませ。

皆様のお悩み・お困り事の解消に、少しでもお役に立てましたら幸いでございます。

コア・コンピタンスの連携でシナジー効果を生む戦略的パートナーシップのストック型ビジネスで福岡の起業家を支援

 

HOMEへ戻る ▲